Fielder's choice!

~沖縄フィールド散策~  野鳥・風景・天体....ロードバイクも
0

アカウミガメの産卵

2017/6/10撮影  国頭村安田
IMGP1352.jpg
K-1 + D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

満月の夜に砂浜へ。
月明りであたりが薄く照らされるなか、波の音とは別の、ザッ、ザッという音が。誰もいないはずなのに...と思いビビりながら近づくと、なんとそこにいたのはアカウミガメでした。今はウミガメの産卵シーズン。念願の産卵シーンに立ち会うことができました。





IMGP1327.jpg
K-1 + D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

ウミガメが産卵中に涙を流すというのはいかにもキャッチーでドラマチックでロマンチックですが、実際には塩類腺という塩分を排出する器官があるからだそう。陸上で何時間も行動していたら目も乾燥してしまうため、それを防ぐ意味もあるでしょう。

しかし初めて生で見ましたが、確かにそう見えるんですね。正直ちょっとバカにしてたけど、わかっているならばそう捉えてもいいんじゃないかなと思えました。






IMGP1351_20170613213700275.jpg
K-1 + D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

午前4時頃と遅い時間だったため、おそらく産卵は終わった後でした。卵を埋めて隠すように、前足を使って懸命に砂をかけていました。数回かけたら止まり、しばらく休んでからフゥっと息をついて再びかきます。この浜は大きめの礫も多く、埋まった障害物に手こずりながらも必死に作業を続けていました。

近くでじっとして見ていると、ウミガメのサイズ、存在感を感じることができます。沖縄でこれだけの大きさの野生動物はなかなかいないため、デカいなーという印象。しっかりと息遣いを感じられます。





IMGP1353_201706132206288e0.jpg
K-1 + D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

気が済むまで砂をかけたかなという後に、180°方向転換して海へと帰っていきました。

ウミガメは自らの生まれた浜に再び戻ってきて産卵を行うのだそう。今回の卵が無事に孵り、一匹でも多くの子ガメが成長して大人になって、この浜に戻ってきてほしいです。



関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
0

東村のサキシマスオウノキ

大サイズ画像
IMGP0531-2_2017060820153245e.jpg
K-1 + D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

今さらですがGWのときの写真を。
東村川田にあるサキシマスオウノキ。

本島のサキシマスオウノキは、国頭村安波にあるものが天然記念物にも指定されていて有名らしいけれど、東村のほうがサイズが大きく見応えがあるらしいので見に行きました。

サキシマスオウノキは板根と呼ばれる板状の根が特徴的。湿地のようなぬかるんだ環境でも自重を支えられるようにこのような形になると聞きましたが、ここのようなあまり湿ってないところでも発達させるのですね。川沿いではあったので、過去にそのような環境にあったのかもしれません。西表の湿地には沖縄最大級のサキシマスオウノキがあるそうです。




大サイズ画像
IMGP0525-2.jpg
K-1 + D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

K-1にDFA28-105mmですが、いい解像感ですね。DFA28-105mmは凡庸なスペックの割によく写るいいレンズです。解像力重視で開放からキレがあり、逆光に強いイマドキのレンズでしょうか。フルサイズ用と思えないサイズと軽量さもありがたいです。よく言われてますが、APS-CのDA16-85mmと似たキャラクターのようですね。使ったことないけど。
まあ言いたいのはK-1につけても申し分のない性能のレンズということです。





IMGP0540.jpg
K-1 + D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

何年かけてここまで成長したのでしょう。
奇妙で神聖な空気を纏った木でした。


関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
0

喜如嘉のクロイワボタル・オキナワスジボタル

2017/5/30 20:46撮影
IMGP1229-2.jpg
K-1 + SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF UMC [F2.8 224' ISO2500 14mm]

大宜味村・喜如嘉にて。

沖縄は梅雨真っ只中。といっても今年はお天気の日が続き、あまり梅雨らしさを感じませんが。ホタルのシーズンということで、喜如嘉の七滝まで行ってきました。実は2週間前にも行ったのですが、そのときはそれほど多くなかったので、そのときのリベンジ。



多くのホタルに会うことができました。
光り方で判別するとおそらく2種類のホタルが現れていました。多かったのは、強いフラッシュ光を放ちながら飛翔するクロイワボタル。短い間隔で点滅しながら飛び交っていました。
もう1種類は、クロイワボタルに比べたら弱い光を発しながら飛ぶオキナワスジボタル。点滅の間隔が長く、5秒ほどは点灯したまま飛ぶので、軌跡を撮ると線のように写ります。名前の由来は羽にスジが入るかららしいのですが、このように軌跡の写真でもスジを引くように写るので覚えやすいです。


とにかくこの日は多くのホタルを見ることができて満足。写真もいいですが、これは現地に行って自分の目で見ることでしか味わえない感動があると思います。




IMGP1139.jpg
K-1 + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO

こちらはクロイワボタルの交尾の様子。お邪魔して撮らせていただきました。

クロイワボタルは雌はほとんど飛ばないらしく、雄が地面から1〜2mほどの低い位置を飛びながら雌を探すそうです。このときも出会うまで観察していましたが、雌は地面を移動しながら発光して誘い込み、雄は飛びながら発光して雌に近づいていきました。雌の近くで着地し、そこで出会って交尾を始めました。また交尾中も発光していました。

このようなシーンを撮ることができて満足です。個人的にはこちらのほうが気に入っています。



ほかにも、幼虫の時期しか光らないオキナワクロミナミボタルも見つけましたが、撮ることなく帰ってしまいました。ホタルの幼虫らしくない黒い堅そうな体をしていたので珍しいなとは思いましたが、そのときはなんの種類なのか知らなかった。撮っておけばよかったなと少し後悔しています。



関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
0

東南植物楽園でマクロ撮影   その2

マイソルヤハズカズラ  大サイズ画像
IMGP0820-2.jpg
K-1 + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO

垂れ下がって花をつけるマイソルヤハズカズラをタムキューで。なんともいえない妖艶な雰囲気を漂わせます。熱帯の植物って魅力的だな。





IMGP0835.jpg
K-1 + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO

縦構図とどっちがいいか悩む。





IMGP0816.jpg
K-1 + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO

ピントをひげに。






IMGP0876.jpg
K-1 + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO






IMGP0882-2.jpg
K-1 + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO




関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
Category :
0

東南植物楽園でマクロ撮影   その1

オオベニゴウカン
IMGP0706-2ss.jpg
K-1 + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO

梅雨入りした沖縄。朝から雨が降る中、友人が新たに購入したタムキューを使いたいということだったので、マクロレンズオンリーで東南植物楽園へ。こちらもK-1でマクロは初めてだったので、使い勝手を確かめながら。前の記事で書きましたが、K-1の5段5軸手ぶれ補正は強力でした。






IMGP0685-4.jpg
K-1 + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO

バリケンという鳥。カモの仲間を家禽化したものらしいです。植物園で飼われているもので、ここまで寄っても微動だにしませんでした。羽毛や皮膚の質感は申し分ありません。





大サイズ画像
IMGP0689-2.jpg
K-1 + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO






IMGP0700_20170520014505479.jpg
K-1 + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO

オオベニゴウカンを気持ち悪く撮ってみよう。うーん気持ち悪い(笑)





大サイズ画像
IMGP0716-2.jpg
K-1 + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO

ベニトンボ。F7.1だけど、この浅さ。拡大したときの複眼のぶつぶつ感。




関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
Category :
0

オキナワクマバチの盗蜜

IMGP0898.jpg
K-1 + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO

東南植物楽園で撮った写真をぼちぼち...。

オキナワクマバチです。
本土のクマバチは胸の部分が黄色いらしく、まだかわいらしい見た目ですが、沖縄のクマバチは全身真っ黒。全体的に太く、その分大きく見えるため迫力があります。でもおとなしいハチらしいので、手を出したりしない限り襲われることはないのだそう。マクロで寄ると目の模様なども写りこんでおもしろいです。

花の根元にしがみついてて何をしているかと思いましたが、これはクマバチが体が大きいために花の中に入れず蜜が吸えないため、花の根元あたりに穴を空けて蜜を吸う『盗蜜』と呼ばれる行動らしいです。植物にとっては送粉してもらえるわけでもなくただで蜜を吸われるので迷惑なものですね。もっと引いて撮ってたら花の根元にいることが分かりやすかったのですが。



関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
2

これがK-1の手ぶれ補正の力なのか

大サイズ画像
IMGP0947-5.jpg
PENTAX K-1 + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO[F3.2 1/125 ISO160 90mm]

K-5Ⅱsの写真を出し切ってからにしようと思ったけど我慢しきれず...。


さて、GWに雨のなか東南植物楽園でマクロ撮影したときの一枚。三脚なしの手持ち撮影。ハイビスカスのおしべに包まれた水滴をタムキューで撮る。

ここまで止まるのかという驚き。K-1はフルサイズにもかかわらず手ぶれ補正が強化されて5軸5段になったことは知っていたけれど、手持ちマクロでここまで精細な写真を撮れたことはない。幸い風もなかったため被写体ぶれもなかったのに加え、人間三脚かのごとく姿勢を安定させることに尽くしたこともあるけれど、これは驚きでした。3600万画素をフルに生かしてるな。


水滴を抱いたおしべ(葯)の表面のブツブツ感。左側の花粉のつぶつぶに、表面にわずかに生えた突起のようなもの。真ん中上の開きかけの葯。んーーたまらない。


そしてフルサイズでタムキューを撮影最短距離で使ったときのピントの浅さ。真ん中の水滴に合わせたつもりだったけど、水滴の輪郭はアウトフォーカス。開放付近では数mmレベルだと思った方がいいな。






大サイズ画像
IMGP1003-3.jpg
PENTAX K-1 + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO[F5 1/200 ISO500 90mm]

ついでの一枚。






関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
0

伊豆味ベゴニア園のヒスイカズラ

IMGP9529.jpg
K-5Ⅱs + DA★55mm F1.4

もう先々週ですが...。
ヒスイカズラが見ごろだということだったので、伊豆味ベゴニア園のヒスイカズラを見に行きました。天気悪かったのでストロボもつけていって。小雨が降り続いていましたが、ペンタックスには関係ない。タムキュー?DA12-24mm?ちょっとなに言ってるかわかりません。

このときはまだK-5Ⅱsです。




ブルーシャンデリア
IMGP9506.jpg
K-5Ⅱs + DA★55mm F1.4

これが翡翠色というものか。妖艶で美しい花です。一つの枝から同心円状に広がるように次々と花をつけ、まるでシャンデリアのように垂れ下がります。これが何百本と垂れ下がる様子は圧倒的。






IMGP9745.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mmF4

広角側が難しい。いろいろ試行錯誤したけれど、これが限界。光が回らないなあ。




IMGP9704.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mmF4




IMGP9685.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mmF4






マクロ撮影
IMGP9609.jpg
K-5Ⅱs + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO

そしてやっぱりタムキューで。
うまい具合に落ちる水滴が写りましたが...、あまりにも小さい。そう簡単にはいきませんね。



水玉
IMGP9615.jpg
K-5Ⅱs + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO





IMGP9535.jpg
K-5Ⅱs + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO





IMGP9629.jpg
K-5Ⅱs + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO

背景を変えたら明るいイメージにも。




ラスト
IMGP9639.jpg
K-5Ⅱs + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO

明るくみずみずしいイメージで。
真ん中の水滴、なんで落ちないの。


関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
Category :
2

ついにやってきたフルサイズのK

IMGP0123.jpg



やってきました。

ついにこの時が。



1年遅れですが(^^;





DSCF4131.jpg
PENTAX K-1 + D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR


待望のフルサイズK-1とDFA28-105mmのレンズセットです。2016年に発売されたPENTAX渾身のフルサイズ機。なかなか手が出せずにいましたが、フルサイズへの願望は募るばかりで抑えられず、K-1のためにSAMYANG14mmF2.8とDA★55mmF1.4を買ったあたりからもう逃れられなくなっていました。PENTAXが安易に後継機や廉価機を出すとも思えず、またリコーの心配なニュースもありましたが、いいモノを使って応援しないとという気持ちも重なり購入へ。なにかあってもPENTAXと心中ですね。





DSCF4133.jpg

K-1に求めるものは、①高感度画質、②広角、③解像感といったところでしょうか。なによりもセンサーサイズ拡大によって飛躍的に向上したといわれる高感度耐性が試したい。画素ピッチはK-5Ⅱsとほぼ同等ですが、どれほど違うのか。次に広角の描写。センサーサイズによって画角が大きく広がるので、超広角が本来の画角で使える。高感度画質と合わせて、星景写真で活躍に期待。そして36Mになった高画素での解像感。フルサイズならばこの画素数がいいバランスだと思います。素の状態でも素晴らしい解像力ですが、リアレゾならどうなるのか。早く実際に撮ってみたい。





DSCF4124.jpg
梱包内容。
ガイドブックは手作り感にあふれていましたが、親切丁寧な感じがよかったです。
あとガラス製の液晶カバーが地味に嬉しかった。すみませんボケてますが。





IMGP0150.jpg
ギミックが変態的。


まだまだ試し撮り段階ですが、K-5Ⅱs比ではとてもキビキビ反応よく、撮ってて楽しいカメラです。フレキシブルチルト液晶も、可動域に制限はあるものの、とてもスムーズに動き、強度に心配もありません。作りがいいですね。

フルサイズのファインダーは広く見やすく、ワクワクさせてくれます。やっぱり光学ファインダーはいい。双眼鏡の見えの良さからカメラに入ったクチなので、光学ファインダーは絶対条件。電子ビューファインダーでは楽しくありません。一眼レフの最大のメリットは”撮る楽しさ”、”ダイレクト感”だと思っているので。最近ソニーのα9の発表でやたらとミラーレスもてはやされ、「時代はミラーレス!」、「一眼レフは過去のもの」とのたまう者が多いですが、ファインダーの見え方において、実際の像を見ている光学ファインダーに敵うわけがありません。決して技術でひっくり返る部分じゃない。カメラの趣味って、撮る行為そのものの楽しみが半分を占めると思っています。それなら撮ってて楽しいカメラを使いたい。
PENTAXはこれからも一眼レフを出し続けてほしいです。




GWから本格的に使えるかな!
K-5Ⅱsで撮った写真もまだまだ残っているので、K-1の写真はまだ先になりますが。


関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
2

ヒスイカズラ

大サイズ画像
IMGP9538-2.jpg
K-5Ⅱs + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO[F4.5 1/160 ISO640 90mm] フラッシュ発光

とりあえず1枚だけ。

翡翠の色と勾玉のような造形が美しい。

鮮やかな色合いで、遠目に見ると単色にも見える花ですが、マクロで寄ると表面の質感や微妙な色合いの変化が表れます。





外付けフラッシュはいいですね。光量、向きなどコントロールできて自由度が高いです。クリップオンでの一灯ライティングですが、ケンコー影取りで柔らかく、光量落としただけでこう写ります。背景と距離を置けば被写体が浮かび上がるよう。
また、フラッシュ使えばブレ知らず。フル発光でも1/1000秒程度の発光時間らしいので、シャッタースピードに関係なく止まります。こう薄暗いシーンでの威力は絶大です。



関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
Category :