FC2ブログ

Fielder's choice!

~沖縄フィールド散策~  野鳥・昆虫・風景・天体....
4

ヒヨドリとイソヒヨドリ

ヒヨドリ(画像クリックで拡大します。)
IMGP2223.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4[F4.5 1/400 ISO800 300mm]

最近は風景ばかりでめっきり野鳥を撮ることが減りました。風景を撮るときに探してもいいけれど、目的が違うと難しい。荷物も増えるし。野鳥はやっぱりDA★300mmで撮りたいからね。

このヒヨドリはご近所さん。赤いほっぺがかわいらしい。




大サイズ画像(4.06MB)
IMGP2225-2.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4[F6.3 1/800 ISO400 300mm]

ややトリミングしていますが、大サイズで。羽にモアレが出ていますが、この程度ならよし。






イソヒヨドリ
IMGP2618.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4 + AF REAR CONVERTER 1.4X[F6.3 1/500 ISO500 420mm]

イソヒヨドリも。かわいく撮れてなくて申し訳ないのですが、生活と近い感じが伝わるかと。





沖縄はついに梅雨入り。今年は梅雨入りが遅く、1週間前は30℃を超える暑さにそのまま夏になってしまうんじゃないかと危惧したものの、無事に?梅雨に突入。一時は強い雨とともに、冬に戻ったんじゃないかとも思えるほど冷え込みました。雨も好きではありませんが、なにより夏が怖い。台風もやってくるし。
来週は大事な駅伝大会。正直練習不足で自信ないですが、もう時間が残ってない。今さらですが集中しないとまずいです。写真も撮りに行きづらくなるし、しばし小休止かな。



関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
4

ここにも春の兆し  ~イソヒヨドリ

2015/03/15 撮影

イソヒヨドリ
IMGP0258-7.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4 + AF REAR CONVERTER 1.4X[F7.1 1/500 ISO640 420mm 0EV]

鳥を撮ったのも久しぶり。
と言っても、アパートの近くにいるいつものイソヒヨドリさんですが。
せっせと枯れ草なんかを運んでいました。
巣作りでしょうねー。留鳥たちはそろそろ繁殖期。暖かくなってきたので準備を始めたのでしょう。

春ですねー


あれ、レンズ

関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
4

いつもの子

めっきり野鳥が減ってしまって、相手してくれるのはこの子くらい?(笑)

IMGP2342.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm f4[F5.6 1/640 ISO400 300mm 0EV]

いつものイソヒヨドリ。バッタかなにかをくわえてます。


関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
4

エレガントな猫   【DA★300mm】

部屋の窓から。
ちょっとエレガントな感じのニャンコを発見しました。
*画像はクリックで拡大します。


夕日を背に
IMGP1189.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm f4[F5.6 1/400 ISO320 300mm 0EV]


エレガントとは違うかな^^;
ふわふわな毛が暖かそうです。



関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
4

イソヒヨドリ♂

草むらに降り立ったイソヒヨ♂

IMGP1148-2.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm f4[F5 1/1000 ISO800 320mm 0EV]

イソヒヨドリは留鳥としていつでも見られる鳥なのですが、なぜかオスを紹介していなかったので。ちょうど駐車場すぐ近くの草むらに降りてきてくれたのでパシャっと。メスと違い、鮮やかなブルーとオレンジという派手な色合いです。
キツイ逆光だったため、暗部を無理して持ち上げているので、どの程度再現できているかわかりませんが^^;



こちらはメス
IMGP9415.jpg
海洋博の記事に上げた写真です。
オスに比べると地味な、褐色のまだら模様です。



ウロウロ
IMGP1151.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm f4[F5.6 1/640 ISO200 300mm 0EV]

餌を探していたのかな。
イソヒヨドリはスズメ、ハト、カラスにならんで人の生活に適応している?ような種なので、さほど警戒心も強くありません。
こちらも集中して撮らないから、こんな風になるのかな。


関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
2

海洋博公園散歩 ~その2

前回の記事の続きです。野鳥も
*画像はクリックで拡大します。

シジュウカラ
IMGP9385.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm f4[F5.6 1/640 ISO800 300mm 0EV]

シジュウカラが飛び回っていました。
首から腹部への黒いネクタイが特徴的です。



関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
2

DA★300mmF4で撮る身近な生き物

先日エントリー記事を書いたDA★300mmF4で、ごく身近にいる生き物を撮ってみました。
大きくトリミングしなければならない野鳥よりも、チョウなどの昆虫のほうが解像力がより際立って感じるかもしれません。


<シロオビアゲハ>  *画像はクリックで拡大します(13枚)
IMGP3544.jpg
この解像力である。トリミングが必要ない)被写体の場合、レンズとセンサーの力がフルに発揮されます。チョウの場合、羽の鱗粉まで描写しています。触角、複眼、口吻、足もクッキリです。また、300mmという望遠の効果によって、背景がこれだけボケるので、より被写体を強調することも。

画像はシロオビアゲハで、羽の表側に白い帯があることでそう名付けられていますが、このように赤い紋が並んでいる羽を持つタイプもいます。

関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
該当の記事は見つかりませんでした。