FC2ブログ

Fielder's choice!

~沖縄フィールド散策~  野鳥・昆虫・風景・天体....
6

DA12-24mm  試写編

DA12-24mmを試してみたのでその写真を。
まだまだ試し撮りで、レンズの描写の評価をしようというわけではないので参考にはなりませんが^^;
好きな構図で好きな写真を。
*画像はクリックで拡大します。


IMGP7144.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4[F8 1/1250 ISO400 12mm 0EV]

広い!くっきり!コントラスト高い!
これぞ超広角というようなパースがついていておもしろいです。風景よりもこういうものを撮ったほうが広角らしいのかも。
部屋の洗濯物があgあがgg





IMGP7163.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4[F9 1/400 ISO160 12mm 0EV]

好きな逆光。葉の透明感。





IMGP7156-2.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4[F16 1/320 ISO100 24mm 0EV]

かなり大げさに光芒を出してみました。光芒を出したいがためだけに、真昼の太陽を電柱にかざしてパシャリ。
絞り枚数が偶数の8枚なので、絞ると8本の鋭い光芒が出ます。
このレンズの特徴であり、楽しめるポイントです。あとは使い方。どこでどのくらいの光芒を出すか。




IMGP7148.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4[F4 1/1250 ISO160 12mm 0EV]

開放でも十分な解像感。
今までの広角はsigma18-250の広角端が担当していたので、細かい部分の解像力の差は歴然です。





IMGP7179_20140713124558890.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4[F7.1 1/1000 ISO200 12mm 0EV]

広い海をより広く。台風前の写真です。
18mmでは撮れなかった画角で写し取れることに感動します。18mmと12mmでは6mmの違いですが、広角側ではその違いは大きいです。
コントラストも高く、PLフィルターいらずかも。




IMGP7185.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4[F8 1/800 ISO160 12mm 0EV]

橋の遠近感。かなり遠く感じます。
夏らしい雲もよく入ります。



試し撮りでもかなり満足する結果でした。
広角で撮るのが楽しく、12mmでばかり撮ってしまいますが、2倍ズームで画角を調整できるのは便利です。色のりもよく、すっきりした光芒も出せるので使って楽しいレンズですね。
フィールド用レンズとしていつでも持ち歩きたいです。そういう意味では防塵防滴は欲しかったですが・・・。
他にも色収差など気になる欠点はありますが、使い込んでいってコントロールしたいですね。






2015/02/27追記

2014年の9月に旅行で屋久島に行った際に、DA12-24mmをメインレンズとして使いました。屋久島関連記事は9本と多くなりましたが、よろしければご覧ください。


------------屋久島記事リンク------------------------------------

緑と神秘の島 ~屋久島 part1~
屋久杉自然館 ~屋久島 part2~
ヤクスギランド ~屋久島 part3~
白谷雲水峡 苔むす森 ~屋久島 part4~
屋久島でダイビング!ウミガメウォッチ  ~屋久島part5~
縄文杉トレッキング【トロッコ道】  ~屋久島part6~
縄文杉トレッキング【ウィルソン株】  ~屋久島part7~
縄文杉トレッキング【縄文杉】  ~屋久島part8~
縄文杉トレッキング【帰り道】  ~屋久島part9~







関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
6

smc PENTAX-DA12-24mmF4 ED AL外観   超広角レンズ買ったった

ずっと購入を検討していた超広角レンズをついに買いました。
9月に屋久島への旅行を計画しているので、そのときのための決戦レンズ。
迷ったなかで決めたのはコレ。


smc PENTAX-DA12-24mmF4 ED AL[IF]
DSCF9112.jpg
DSCF9114.jpg
DA12-24mmF4です。
純正のなかでは、魚眼を除けば最も広角なレンズ。F4通しで使いやすいのもポイントでした。

ネットではフードがかさばるという感想も多かったですが、実物を見るとたしかにフードは大きいですが、レンズそのものは太さ、長さとも不満に思うほどではなく、普通のサイズでした。DA15mm limitedなんかに比べると大きいかもしれませんが、一眼レフとして持っている時点で携帯性はさほど問題ではないですね。


DSCF9137.jpg
装着するとこんな感じ。巨大な花形フードはむしろかっこいい。

DSCF9139.jpg
横から見るとこう。
鏡筒自体はそれほど大きくはないです。
インナーフォーカスなのでフォーカスで鏡筒の長さは変わりません。
ズーミングによっては若干長さが変わりますが、1cm程繰り出すくらいです。


DSCF9171.jpg
フィルター径は77mmと大きいですが、実際の前玉はこのくらい。しかし魚眼に近いような丸みがあります。
前玉がフィルターが干渉しないように、ねじ込み部は若干かさあげされています。


主力レンズ
DSCF9158.jpg
レンズ数も増えてきてこんなことができるように。
左から、DA★300mm、DA12-24mm、TAMRON90mm、SIGMA18-250mmです。
こうしてみると、フード込みでもタムキューやシグマ高倍率ズームとあまり変わりません。




今回超広角レンズを選ぶにあたり、候補としたのは以下の4(5)本。
・DA12-24mm F4
・DA14mm F2.8
・DA15mm F4 limited
・SIGMA10-20mm F4-5.6 (F3.5)


携帯性と見た目では圧倒的にDA15 limited が優位ですが、一眼レフのレンズとしてそこまでのコンパクトさは必要としていないことと(K-01で使うにはいいかも)、HD版にリニューアルされたものは円形絞りを採用したために光芒が楽しめないことから除外。(緑帯の中古はあるが)

F2.8と明るいDA14とは結構迷いましたが、DA12-14と比べると、広角側の2mmの違い、2倍とはいえズームできる利便性、また解像力の評価には大差ないことから、DA12-24のほうが目的に合っていると判断。

サードパーティ製としてはシグマの超広角レンズも画質の評価はよく、より広角域をカバーしているので迷ったのですが、最終的には純正の安心感と、DA12-24ですばらしい写真を撮っているブロガーさんの作例を見て、DA12-24のほうに決めました。まあそのブログを見ていた時点で気持ちはDA12-24に大きく傾いていたのですが^^;





このレンズで撮ろうと考えているものは、屋久島の縄文杉などもそうですが(想像)、普通の画角では近づくと収まりきらないような大きな被写体。海や山、雲などの広大な景色、風景。そして星空、特に夏の天の川。この夏に撮りたいものが目白押しなので、梅雨明けと同時に買ってしまいました(^^)


現在身近なところで試していますが、12mmの画角に圧倒されています。広角端でばかり撮ってしまう(笑)
撮影した写真は次回の記事で上げようと思います。



が、それではつまらないので1枚だけ・・・
IMGP7182_20140711201201bbc.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4[F8 1/800 ISO160 12mm 0EV]

見てるだけで暑くなる。
沖縄本気出しすぎ。




2014/07/13追記 試し撮りしました。
DA12-24mm  試写編


2016/05/15追記 天体撮影 天の川を撮ってみました。
2016年初撮り  DA12-24mmで撮る梅雨入り前の天の川






関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
該当の記事は見つかりませんでした。