FC2ブログ

Fielder's choice!

~沖縄フィールド散策~  野鳥・昆虫・風景・天体....
2

OLYMPUS PEN E-P5 を2カ月使ってみて・・・   画質と使用感レビュー

2015/02/25

昨年12月末に購入したOLYMPUS E-P5 に M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8。
発売日は2013年6月と1年半も前ですが、PENシリーズの最上位機種としていまだに健在。E-M5Ⅱも登場した今ですが、約2カ月間使ってみての使用感などを書いてみます。

IMGP8621.jpg
K-5Ⅱs + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO[F3.2 1/640 ISO400 90mm +0.3EV]

 一眼レフのK-5Ⅱsを使っていながら、ミラーレスのE-P5を購入したのは、先日書いた通りです(マイクロフォーサーズ再び
簡単に言うと、一眼レフを持ち出しにくい室内での撮影、また人を撮るときに自然で威圧感を与えないで撮るためにコンパクトでありながら高画質なカメラを求め、レンズ交換も楽しめるマイクロフォーサーズのミラーレス機としました。使って感じた特徴、いい点、悪い点などなど。



1. 携帯性・デザイン
IMGP8526.jpg
 さすがにポケットに入るとはいきませんが、省サイズ。レフ機と比べたら圧倒的にコンパクトです。厚みがないのがそう感じさせます。ボディだけならこの通り。これで一般的なコンデジの1/1.7~1/2.3より大きい4/3のセンサーが入っています。


M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
IMGP8566-2.jpg
 比較的コンパクトなM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8との組み合わせでは、レンズをつけてもサイズ感は変わりません。コンパクトでどこでも出せるカメラとして選んだので、ここは大事なポイント。マイクロフォーサーズでもドデカいレンズはありますが、いくら画質がよくても選びません。ミラーレスでもAPS-Cを外したのは結局レンズがデカくなってしまうからなので。
 デザインはPENシリーズということで力が入っており、クラシカルでカッコいいです。ボディ全体が金属の外装なので、コンパクトながら重みがあり、高級感を感じさせます。E-P5とE-M5ではデザインの面からE-P5を選んだということもあって、見た目には満足。




2. 5軸手ブレ補正

 暗い室内での撮影もものともしない強力な補正効果。5軸というのはダテじゃありません。とりあえず絞り優先オートで開放からF2.8あたりまで、ISOオートで上限3200に設定していて撮るぶんにはあらゆるシーンのシャッタースピードでも不自由しません。1/60秒くらいのスピードであっても、特にブレに神経質にならずともシャープに撮れるのはさすがです。シャッター半押しすると、小さくサーーーという音を立てながら手ブレ補正が働き始め、バックモニターの像がビックリするほど安定します。自室で試していたときはこの音が気になるかと思いましたが、実際の使用では聞こえたこともありません。

シャッタースピード1/20秒
P2010814.jpg
E-P5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8[F3.5 1/20 ISO3200 17mm 0EV]

これは1/20秒で撮った写真。特に手ブレに注意を払ったわけでもなく、普通にシャッターを切ってこのシャープさ。使いやすいレンズの画角に明るさと合わせて、居酒屋カメラにはもってこい。



関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
6

OLYMPUS PEN E-P5  マイクロフォーサーズ再び

先日の記事でほのめかした新しいカメラ・・・


IMGP8502.jpg

OLYMPUS PEN E-P5です!M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8レンズキットブラック!
まあ、中古なんですが・・^^;

ここ最近欲しかったものの、2013年6月に発売されたものとしてはまだまだ高価で、なかなか手を出せずにいましたが、マップカメラにて17mm F1.8のレンズキットの美品中古が割引価格にて売り出されていて、これに今持っているK-01レンズキットを下取りに出せば実質5万を切る値段で手に入るため、我慢できずポチッ!やってきてしまいました。
K-01は見た目かわいくて気に入っていたので手放すのは寂しいですが、あまり使わなかった理由もあるので。その辺りも後々。
入手しようと思った経緯と選んだ理由なんかをつらつらと。




1.用途

 一眼レフのサブ機です。現在一眼レフとしてPENTAX K-5Ⅱsを使っていますが、メイン機はこちらで、手放すことはありえません。いや、K-3ないし後継機に魅力的なものが出てくるか、可能性はほぼ0ですが他のメーカーに鞍替えしたら手放すこともありえますが、レフ機がメインであることは変わりません。やっぱり光学ファインダー(OVF)をのぞいて写真を撮りたいです。そうじゃないと楽しくないなと。電子ビューファインダー(EVF)はありえない。EVFを不要だと思ってはいませんが、OVFに取って代わるということはありません。
 ただし、室内での撮影、特に人を撮る場合には、一眼レフのボディにレンズはやはり大きいです。アレを向けられると、自然と構えてしまうのも仕方ありません。そこで、室内にも目立たず持ち込めて、人にも威圧感を与えないサイズのサブ機として選びました。



2.サイズ

 主に人物撮影に使うものとして、ある程度コンパクトなミラーレスから選択。APS-Cセンサーを積んだソニー、富士フィルムのカメラは大きくなりがち(特にレンズが)で、一眼レフに比べてコンパクトというほどでもなかったので除外。ソニーのカメラのデザインもかっこいいとは思えなかったので。やはりサイズ、デザインの面で魅力的だったのはマイクロフォーサーズ。オリンパスとパナソニックから選ぶことに。
 コンデジに関しては、富士のXQ1を持っていることと、やっぱりレンズ交換を楽しみたいことから除外しました。



3.機能

 マイクロフォーサーズから選択するにあたって欲しかった機能はやはり手ブレ補正。特にオリンパスの5軸手ブレ補正はとても強力らしく、暗い室内撮影でも使う予定なのでどうしても欲しかったです。ここでパナソニックは除外。今話題の4Kにも興味はありませんし。
 オリンパスでも5軸手ブレ補正を搭載したE-M1、E-M5、E-P5の3機種に絞られました。E-M1とE-M5は性能を追求したOM-Dシリーズで、E-P5はデザインにも気を遣ったPENシリーズとクラスは違いますが、E-P5はPENシリーズでも最高峰。5軸手ブレ補正、1/8000秒シャッターと上級機種と同じスペックを持っているので問題ありません。レンズキットなら外付けEVFの VF-4もついてきますし。

E-M1、E-M5、E-P5比較表(OLYMPUS)



4.デザイン

 ここまで来ると、残るはデザイン。まあほとんど最初から決めていたようなものなので迷いもありませんが、E-P5のデザインには一目惚れ。コンパクトななかに機能を凝縮された重みというか、高級感があるのがたまりません。OM-Dはペンタ部の出っ張ったデザインが好きではありませんでした。E-M1はグリップも厚くて大きくなってしまいますし。性能に妥協はないのでメイン機としてならいいのでしょうが。
 
 PENシリーズでいえば、以前E-PL5を持っていましたが、手放してしまいました。E-PシリーズとE-PLシリーズは似て非なるものです。ダイヤルやレバーなどの数や配置が違うので、操作性に大きな差があります。特に前後ダイヤルの有無が大きな違い。ペンタックスのTAvモードの記事でも触れていますが、この前後ダイヤルがあるのが非常に重要。同時に2つのパラメータを操作できるのは使い勝手がいい。というかないとストレスがたまります。たとえば絞り優先オートでダイヤルを絞り操作に当てているとき、露出補正を使おうとしたら、一度十字キーでダイヤルの役割を変えなければなりません。戻すときにも再び十字キーでの操作が必要です。これは耐えられませんでした。キットレンズの14-42mmにも不満があって使わなくなり、手放したのですが、E-P5に17mm F1.8のキットなら全て解決します。このレンズはもともと使いたかったので、始めから使えるのならこれ以上はありません。



だらだら書きましたが、E-P5を手に入れた理由でした。
実際の使い勝手、撮った写真はまた後ほど。



2015/02/25追記
OLYMPUS PEN E-P5 を2カ月使ってみて・・・   画質と使用感レビュー






関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
該当の記事は見つかりませんでした。