FC2ブログ

Fielder's choice!

~沖縄フィールド散策~  野鳥・昆虫・風景・天体....
2

渡らなかったコサギ

コサギ
IMGP3172.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4[F5.6 1/500 ISO160 300mm]

5月に比屋根湿地にて。
野鳥たちはすでに北に渡ってしまって、湿地は閑古鳥状態だったのですが、わずかながらに残っている鳥たちも。今年はもう渡らないのでしょうか。写真はコサギ。夏羽に生えかわり、頭からは2本の飾り羽がなびいてる。





IMGP3241.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4 [F8 1/200 ISO100 12mm]

全然いない...。
もともと三角池や金武に比べたら少ないところではありますが。





IMGP3210.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4 + AF REAR CONVERTER 1.4X[F6.3 1/640 ISO200 420mm]

チュウサギもいました。
コサギが捕えた魚が大きく、食べるのにてこずっていたため、あきらめるのを狙っているのか、ずっと後ろについています。





IMGP3212.jpg



IMGP3215.jpg




IMGP3217.jpg




IMGP3218-2.jpg

結局食べられなかったというね。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
4

ヒヨドリとイソヒヨドリ

ヒヨドリ(画像クリックで拡大します。)
IMGP2223.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4[F4.5 1/400 ISO800 300mm]

最近は風景ばかりでめっきり野鳥を撮ることが減りました。風景を撮るときに探してもいいけれど、目的が違うと難しい。荷物も増えるし。野鳥はやっぱりDA★300mmで撮りたいからね。

このヒヨドリはご近所さん。赤いほっぺがかわいらしい。




大サイズ画像(4.06MB)
IMGP2225-2.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4[F6.3 1/800 ISO400 300mm]

ややトリミングしていますが、大サイズで。羽にモアレが出ていますが、この程度ならよし。






イソヒヨドリ
IMGP2618.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4 + AF REAR CONVERTER 1.4X[F6.3 1/500 ISO500 420mm]

イソヒヨドリも。かわいく撮れてなくて申し訳ないのですが、生活と近い感じが伝わるかと。





沖縄はついに梅雨入り。今年は梅雨入りが遅く、1週間前は30℃を超える暑さにそのまま夏になってしまうんじゃないかと危惧したものの、無事に?梅雨に突入。一時は強い雨とともに、冬に戻ったんじゃないかとも思えるほど冷え込みました。雨も好きではありませんが、なにより夏が怖い。台風もやってくるし。
来週は大事な駅伝大会。正直練習不足で自信ないですが、もう時間が残ってない。今さらですが集中しないとまずいです。写真も撮りに行きづらくなるし、しばし小休止かな。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
2

セイタカシギまだ多数   HD PENTAX-DA AF REAR CONVERTER 1.4X

2015/03/15撮影

新たにテレコンを手に入れたため、久しぶりに野鳥を撮りに三角池へ。
渡りが始まっているためもう少なくなっているかと思いましたが、まだまだ野鳥でにぎわっていました。

セイタカシギ
IMGP0321.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4 + AF REAR CONVERTER 1.4X[F7.1 1/1600 ISO1250 420mm 0EV]



IMGP0322.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4 + AF REAR CONVERTER 1.4X[F7.1 1/1600 ISO1250 420mm 0EV]


セイタカシギの集団も。
まだ100羽以上残っていました。


そのセイタカシギが一斉に・・・、


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
4

ここにも春の兆し  ~イソヒヨドリ

2015/03/15 撮影

イソヒヨドリ
IMGP0258-7.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4 + AF REAR CONVERTER 1.4X[F7.1 1/500 ISO640 420mm 0EV]

鳥を撮ったのも久しぶり。
と言っても、アパートの近くにいるいつものイソヒヨドリさんですが。
せっせと枯れ草なんかを運んでいました。
巣作りでしょうねー。留鳥たちはそろそろ繁殖期。暖かくなってきたので準備を始めたのでしょう。

春ですねー


あれ、レンズ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
4

夜道のアカショウビン

7月7日七夕の夜。
天の川を撮ろうと夜道を車で移動中、反対車線に赤い物体が。
すぐに通過したので確認できなかったのですが、一体何だったのか気になってしまい、ビビりながらも戻って見に行ってみるとそこにいたのは・・・


アカショウビン
IMGP7203.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4[F4.5 1/180 ISO3200 300mm 0EV]

なんでこんなところで??

はじめ目を閉じていたので、ほんとに寝てたよう。寝ぼけてるのか近づいても逃げようとしないし、羽をなでることまでできました(笑)



IMGP7206.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4[F4.5 1/180 ISO3200 300mm 0EV]

地べたにちょこんとかわいいです。鳥らしからぬ体勢ですが^^;
去年はアカショウビンを探し求めていろんな場所を探索し、なんとか撮れたというのに、こんなあっさりこんな間近で撮れるなんて。ノートリですからね。フラッシュ焚いても動じず、居座っていました。


このままここにいても車にひかれるかハブや猫に食われるかなので、どうにかしてあげようと後ろから手を伸ばすと、驚いたように飛んでいきました。ケガをして飛べないというわけではなかったようです。


まあこれで心配せず帰ることができました。
予期しない出会いもあるものです。星撮るためにカメラを持っていたときなのでよかったよかった。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
4

ノグチゲラ

結構前のものですが、ゲットした大物を。

伊江島観光の翌日に、やんばるに行った際に撮ったものです。
沖縄に住んでいるからには撮っておきたかった鳥ですが、かなりの希少種。何度か探しに遠征に出かけるも、一度しか見たことがなく、距離があったためまともな写真が撮れませんでした。

この日は辺戸岬ドライブのついでにちょっと林道に入り、少し散策しようと思ったくらいなので、特に期待はしていなかったのですが・・・。


ノグチゲラ                                                  
IMGP7111-2.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4[F5.6 1/320 ISO3200 300mm 0EV]                2014年6月8日撮影

少し開けた林床から飛び立つ鳥の姿が。黒っぽく、やや大きかったので、初めはカラスかとおもいました。
しかし、カラスにしては頭のあたりが赤っぽかったような。まさかと思い、よくよくその姿を探すと・・・


ノグチゲラでした。
まさかの出会いに驚きと感動。しかも距離が近い。バッチリ撮ることができました。



ノグチゲラは、沖縄本島北部のやんばるの森にのみ生息する固有種で、国の特別天然記念物に指定されています。
個体数は400羽ほどと推定されており、絶滅危惧IA類にも指定されています。
林道の開発や、マングース、カラス、野良猫の被害も受けて個体数は減少傾向にあるそうです。
ノグチゲラ ~やんばるの森に暮らすキツツキ~ 

またノグチゲラはキツツキ科の鳥で、他のキツツキ科と同じようにドラミングをします。主にその音を頼りに探し回り、結果コゲラだったというのがほとんどでしたが、今回はなんのあてもなく歩いていると唐突に出会いました。
こういうこともあるんですね。



IMGP7110-2.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4[F5.6 1/320 ISO3200 300mm 0EV]

頭部が赤くなっているので、オスでしょうか。撮れたのはこの個体のみですが、もう1羽いるのも確認できました。
撮影日は6月初めなので、子育て中のつがいだと思います。オスは地上に降りて餌を探すらしいので、林床から飛び立った赤っぽいのがこのオスだったのでしょう。

この林床ですが、以前の記事で紹介したリュウキュウヤマガメと出会った場所でもあります。レアな生き物運が強い場所なのでしょうか(^^)
程よく開けていて、湿り気もあるので、生き物が集まってきやすいのかもしれません。





ノグチゲラは2,3枚撮ったところで、飛び立ってしまいました。
子育て中にストレスをかけると放棄してしまう可能性があるので、粘らずに帰りました。





マングーストラップ
IMGP7107.jpg

林道の脇にはこんなものも。
ヤンバルクイナなどの天敵として知られるマングースのトラップ。
本来沖縄にいなかった移入種で、それがヤンバルクイナを脅かしているから困りものです。

もともとハブを退治するために持ち込まれたらしいですが、マングースは昼行性なのにハブは夜行性。活動時間が異なる上に、マングースだってわざわざ猛毒のハブを相手にしないでしょう。最近は見かけませんが、ハブvsマングースとかいう、狭い空間に無理矢理彼らを押し込んで、無理矢理戦わせるというくだらないショーがありましたが、そこまで迫られないと襲ったりしないのです。
そのマングースが獲物として狙ったのが、昼行性で飛べない鳥のヤンバルクイナだったわけです。

のだめカンタービレでもネタとして紹介されるくらいの話ですが、ヤンバルクイナにとってはたまったもんじゃありません。





ちょっと話がそれましたが、目標だったノグチゲラを撮ることができたので満足しています。あとはノグチゲラと対をなす、沖縄を代表する固有種のヤンバルクイナです。早朝に探せばノグチゲラより遭遇率ははるかに高いのですが、警戒心が強く、すぐにヤブのなかに逃げ隠れてしまうので、撮るのはなかなか難しいです。
沖縄はようやく梅雨が明けたので、今年のもうひとつの目標として狙っていきたいです。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
4

いつもの子

めっきり野鳥が減ってしまって、相手してくれるのはこの子くらい?(笑)

IMGP2342.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm f4[F5.6 1/640 ISO400 300mm 0EV]

いつものイソヒヨドリ。バッタかなにかをくわえてます。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
2

帰還

GWですね。沖縄は暖かくなり、ひまわりも咲き、夏の気配がします。GW明けには梅雨に入るはずですが。
気候の変化に合わせて、冬鳥たちは続々と本土に帰って行ったようです。冬には相当な数の野鳥が集う金武町の水田地帯も閑古鳥状態。
撮影日は3/29と、もはや一か月前に撮ったものですが^^;


チュウサギ
IMGP2049.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm f4

金武町および沖縄市にて、まだ残っていた少数の野鳥たちを撮影。
比屋根湿地にいたチュウサギ。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
4

イソヒヨドリ♂

草むらに降り立ったイソヒヨ♂

IMGP1148-2.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm f4[F5 1/1000 ISO800 320mm 0EV]

イソヒヨドリは留鳥としていつでも見られる鳥なのですが、なぜかオスを紹介していなかったので。ちょうど駐車場すぐ近くの草むらに降りてきてくれたのでパシャっと。メスと違い、鮮やかなブルーとオレンジという派手な色合いです。
キツイ逆光だったため、暗部を無理して持ち上げているので、どの程度再現できているかわかりませんが^^;



こちらはメス
IMGP9415.jpg
海洋博の記事に上げた写真です。
オスに比べると地味な、褐色のまだら模様です。



ウロウロ
IMGP1151.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm f4[F5.6 1/640 ISO200 300mm 0EV]

餌を探していたのかな。
イソヒヨドリはスズメ、ハト、カラスにならんで人の生活に適応している?ような種なので、さほど警戒心も強くありません。
こちらも集中して撮らないから、こんな風になるのかな。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
4

ふっくらと~ シロガシラ

桜の花にやってきました。
ふっくらとしたシロガシラさんです。

IMGP0278.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm f4[F4.5 1/1000 ISO320 300mm 0EV]

おデブに見えますね(笑)
冬眠してたんでしょうか。もう春の陽気でしたが(^^;
なんかかわいいからいいですけど。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
このカテゴリーに該当する記事はありません。