FC2ブログ

Fielder's choice!

~沖縄フィールド散策~  野鳥・昆虫・風景・天体....
0

K-1+DFA15-30mmで撮る『天の川と月の出』

沖縄県東村慶佐次  大サイズ画像
IMGP5085-2.jpg
PENTAX K-1 + D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR[F3.2 120' ISO1250 15mm]アストロトレーサー使用

先日梅雨入りした沖縄ですが、梅雨空で星空が撮れなくなる前にと思い4月に撮った天の川。この時期の天の川は夜遅くに東の空から上ってくるのですが、沖縄本島で東の空は光害がなく一番暗いので、なににも邪魔されず鮮明に撮ることができます。

そう言いながらですが、写真は月の出とのコラボ。これまでは月は星撮りの邪魔になるものとしか思ってなかったですが、日の出と同じように空を赤く照らしながら上る月は美しかった。水平線の薄い雲越しに見える月は半月。時期と時間帯が合わなければ撮れない一枚です。

月と天の川の間に火星、土星、写真の右上の明るい星が木星と、惑星が3つも写りこんだのもよかった。





flickr
IMGP5085-6

上下をカットしていますが、flickrでも同じ画像をアップしています。Downloadからオリジナル画像を確認できます。

K-1と、ブログ休止中に手に入れていたDFA15-30mmで撮った初めての星空。思っていたよりもデカく重いレンズでしたが、写りのよさはさすが大三元レンズ。撮影時の絞りはF3.2でしたが、開放F2.8の明るさは天体撮影には大きなアドバンテージです。現像時にノイズ軽減処理かけていますが、微光星をつぶさない程度に。そしてPENTAXお得意のアストロトレーサーで長時間露光。120秒シャッターを開けていますが、赤道儀なしでGPSの位置情報だけで星を追尾できるのはほんとに便利。星景写真なので星以外の背景が流れるのと、超広角の周辺が流れてしまうのはアストロトレーサーでは仕方ありませんが、中央付近の解像感はさすが。ペンタ超広角として手放せない一本になりそうです。様々なフィールドで撮影してみて、レビューしたいと思います。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
0

スーパームーン2016


IMGP5981-4.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4 + AF REAR CONVERTER 1.4X[F7.1 1/800 ISO125 420mm]

ブログ放置しすぎですが。


今日はスーパームーン!
スーパームーンなんて毎年あるじゃんと思っていたけれど、今年は68年ぶりの大きさということなのでこれは撮らねばと思い撮影。全国的に天気が悪いらしく、沖縄は期待されていたので撮らないと...!

確かに言われてみれば大きい気がするし、いつもより明るくも感じます。ただ比較するものがなければただ満月を望遠で撮っただけにしかならない...。4月の満月が今年最小だったらしく、それと比べたら違いがわかりますが、そういう用意をしてなかったので単体でしか撮れず。準備悪いですホント。

その代わり、いつも手持ちで適当にとる月を、三脚・レリーズ使ってミラーアップしてと最大限気を遣って撮影しましたが、DA★300+リアコン*1.4の組み合わせでも大幅にトリミングしているため、あまり関係ないかなと。


それでも珍しい天体イベント楽しめたかな。去年の月食もそうでしたが、晴れてくれてほんとによかったです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
0

中秋の名月

十五夜
IMGP5158_20160915235559532.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4 + AF REAR CONVERTER 1.4X[F6.3 1/500 ISO125 420mm]

今日は十五夜。中秋の名月です。
十五夜といっても満月とは限らないんですね。満月は二日後。

でもこの少し欠けた感じが好きなので、それはそれでいいかな。
雲は出てたものの、風が強く切れ目も現れるのでなんとか撮れました。


また来年も一緒に見られたらと思えるひとときでした。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
0

夏に撮るアンドロメダ銀河

東村にて  2016年8月31日0:18撮影    大サイズ画像(2.90MB)
IMGP4825-6.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4[F4 40' ISO2500 300mm]アストロトレーサー使用

おとといの夜は平日ながら天気がよかったので、星を撮りに東村へ。

寒くなるほど上空は晴れて澄んでいたけれど、南の空はガスっぽい感じでよく写らなかったです。
ということで北の空に目を向けて、久しぶりに撮ったのはアンドロメダ銀河。
淡い天体で、肉眼ではかなり目を凝らさないと見えない、というか位置を知ってないと見つけるのは厳しいと思うのですが、これが撮れるのはすばらしい。ISO2500で40秒開けてます。300mmの望遠でもしっかり追尾しているのはアストロトレーサーのおかげです。

夏に撮っているので、いつも見る向きとは180°反対です。



満点の空を独り占め。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
2

広角DA12-24mmで撮る 梅雨入り前の天の川

2016/5/14 撮影
画像クリックで新しいタブで拡大画像開きます。本記事内はすべて大サイズ画像。

大サイズ画像(3.34MB)
IMGP3143-2.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4 [F4.5 60' ISO1250 12mm]アストロトレーサー使用

今年になって初めて天の川を撮ってきました。天の川といえば夏で、いつも7、8月頃に撮っていたと思うのですが、今年は梅雨入り前に撮りました。まだ時期が早いので午前1時といえどもこんな低い位置にありますが、地上に近いのでかえって迫力があります。伊計島の畑が広がる中なので視界を遮るものがなく、夜空一面星の世界を楽しめました。さそり座アンタレスが光芒出して輝いてておもしろい。

もちろんアストロトレーサー使用です。この写真は60秒露光。バッチリ点になっています。地上はアストロトレーサーによるセンサーの移動に引きずられてしまうはずなのでバッチリとは写りませんが。現像で明部をかなり持ち上げたため、不自然な感じになっています。
 
右下の街灯の明かりがかなりうるさかったのですが、こういうときはLightroomの力を使って一部分が明るくなりすぎないようにします。鬱陶しいだけだと思っていたはずの光でしたが、綺麗に光芒も出てむしろいいアクセントに。
天体写真は撮影と現像は1:1。わたしは天体用のソフトは使っていませんし、コンポジット合成などもしませんが、現像時の調整は必須。Lightroomは偉大です。




天の川と夜の海(4.11MB)    0時50分撮影
IMGP3141-2.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4 [F4.5 60' ISO1250 14mm]アストロトレーサー使用

宮城島の高台より。

今まで天の川は夏に撮るものだと決めつけていましたが、そのせいで問題がありました。夏の夜中に撮ろうとすると、天の川が南の空に高く登るため、南の方角にカメラを向けなければなりません。そうすると那覇の活動のおかげで地上付近が明るいんですね。これは沖縄本島にいると逃れられません。かと言って那覇より南で、星空の見える開けた高台と言ったら...。さすがに勇気がありません。離島にでも行かなければならないと思い込んでいましたが、あっさり解決しました。この時期なら、深夜の時間でも南中しません。高度も低く、東側にあるため、宮城島からの位置関係では那覇の光害を避けることができました。天の川の真下は昔でいう知念村あたりでしょうが、真っ暗なようです。少し西を見ると那覇ですが、空の明るさが全然違いました。

暗いので分かりづらいですが、下のほうは海。昼間はかなり見晴らしのいい高台です。天気もよく絶好のチャンス。ただ惜しむべくはISO感度上げすぎたな。夜だから仕方ないですが、結構ノイジー。広角なので、露光時間伸ばしてでも感度は下げるべきだったか。でも仕方ないです。車がビュンビュン飛ばしてて怖かったですから。ここでは急いで数枚だけ撮りました。






広角の流れ(4.73MB)
IMGP3147-2.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4 [F4.5 239' ISO400 12mm]アストロトレーサー使用

反省を踏まえ、露光時間4分でISO感度400に。
DA12-24mmの広角端で撮ってますが、やはり周辺部は流れます。超広角なので致し方ない部分ですが、中央部はよく解像しているし、周辺部の星は降ってくるものとして納得しましょう(笑)

以前撮ったときに目立った色収差による滲みはこの写真では気になりません。1/3段でも絞ったからでしょうか。収差が出ているときの記事はこちら。同じく天の川ですが、拡大しなくとも白い星から青い光がはみ出しているように写っています。これだけ出ると厳しいかなと思ったのですが、今回くらい抑えられていたら、余裕で許容範囲です。





IMGP3148.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4 [F4.5 216' ISO800 12mm]

ちなみにアストロトレーサー不使用だと当たり前ですがこう流れます。天の川は流して撮るものじゃないですけどね。バルブ撮影で3分15秒ほどです。星は動いている、というか地球は回っていることを実感します。






干潟星雲と三裂星雲(2.91MB)
IMGP3155-2.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4[F4.5 40' ISO1250 300mm]アストロトレーサー使用

最後だけ超望遠で。二つの星雲が収まっています。写真下のほうが干潟星雲で、上にあるのが三裂星雲。昨年の記事でこの天体については紹介しているので、よろしければ。 <夏の忘れ物 M8干潟星雲>




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
5

久しぶりにオリオン大星雲

昨晩はとても天気が良く、空気も澄んでいたので星がきれいに見えました。なので、久しぶりにオリオン大星雲を撮ってみました。


2016/01/16 21:29撮影
IMGP1912-7_20160117235027604.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm + AF REAR CONVERTER 1.4X[F6.3 30' ISO1000 420mm 0EV]アストロトレーサー使用


 久しぶりなので思い出しながらも、結構スムーズに撮れました。アパートの玄関のすぐ前からですけどね。沖縄本島北部は暗くて星撮りには絶好のポイントです。設定も適当でしたが、DA★300mmにリアコンつけて420mm、フル換算630mmもの望遠で30秒も追尾させてこれだけ写ったのは驚きでした。こんな無茶にも応えてくれるとは、さすがペンタックス、アストロトレーサー!なのに手を抜いてレリーズを使わなかったがため、星に尻尾がついてしまったのは後悔してますが・・・。


 遊びに来てくれた友達に見てもらうためにささっと撮りましたが、感心していた様子だったので満足(笑) いきなりこれが映し出されたらそりゃ驚くよなー。株なんかやめてペンタックスを買ってくれたらいいのに。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
10

皆既月食2015    

2015/04/04 撮影
沖縄県うるま市海中道路より

IMGP0589-3.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4+ AF REAR CONVERTER 1.4X[F7.1 7' ISO200 420mm 0EV]
アストロトレーサー使用


本日2015年4月4日は、日本で皆既月食が見られる日でした。

月食とは、太陽と地球と月が一直線に並び、月が地球の影に入ってしまうことによって起こる現象です。今回は皆既月食なので、月が完全に地球の影に隠れてしまいます。だんだんと月が欠けていくのですが、完全に隠れても見えなくなるわけではなく、地球の大気により屈折したわずかな太陽光が回り込んで反射するため、このような赤銅色の月になるそうです。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
6

月の暈(かさ)

2015/04/02 0:42 撮影

月暈(げつうん)
IMGP0484.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4[F4 1/6 ISO4000 12mm +1EV]

夜中に空を見上げてみると、月の周りに輪っかが。
月暈という現象で、高層の雲を形成する氷晶がプリズムの役割をはたして屈折させることでできるそうです。虹と同じような現象ですね。

日中太陽が暈をかぶった日暈なら見たことありますが、月暈は初めてみました。淡くてわかりづらく、完全な円にはなっていないように見えますが。
輝度差が激しく、絞り開放・低速シャッター・高ISO感度なので中の月は飛んでしまいます。肉眼ではややかすんだいつもの月で、これよりきれいに見えたんですけどね。同じ輝度になるように調整しているんでしょう。人間の目って優秀ですね。処理しているのは脳だから、脳が優秀なのか...。カメラが追い付くのはまだまだ先でしょう。



明日は皆既月食が見られるそうです。
天気が良ければ撮ってみようと思います。楽しみですね。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
4

DA★300mm + リアコンで月を撮る

2015/03/31撮影

本日の月(大トリミング)
IMGP0429-6.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4 + AF REAR CONVERTER 1.4X[F7.1 1/800 ISO640 420mm 0EV]

満月に近づいてきましたね。このくらいの時期が月の表面に陰影が浮かんで立体感があるのでおもしろいです。

DA★300にペンタックスの新型リアコン×1.4付けて撮りました。
それでも大幅にトリミングしています。ここまでトリミングするとDA★300単体ではさすがに厳しく、ドット感も出てしまうので、リアコン付きのほうが描写はいいですね。現状の機材で撮れる最高画質の月かと。



IMGP0429.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4 + AF REAR CONVERTER 1.4X[F7.1 1/800 ISO640 420mm 0EV]

トリミングする前のオリジナルではこのサイズ。フルサイズ換算630mmです。
ここからトリミングであそこまで追い込めるとは。満足です。
K-5Ⅱsの写りの良さもありますが、リアコンの素性もいいですね。わたしのなかでは世間の評価よりもいいです。


ちなみにこれは手持ちです。さらに追い込もうと三脚を使っても撮りましたが、手持ちで撮ったこの写真が一番写りがよかったです。謎だ。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
4

夏の忘れ物   M8干潟星雲

2014/07/30撮影
 天体の記事が続きます。天体の写真を現像していたら、昨年の夏に撮った写真が出てきたので今さら紹介。こんなものを現像もせずに眠らせていたとは。(画像クリックで新しいウィンドウに元画像が開きます)

M8干潟星雲
IMGP7584.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4[F4 30' ISO2500 300mm 0EV]アストロトレーサー使用

 干潟星雲は天の川のいて座周辺にみえる、夏を代表する星雲。この星雲を南北に横切るように帯状の暗黒星雲があり、それを干潟に見立てたためこの名前が付いたとか。明るくわかりやすいので撮影しやすい天体の一つです。

 夏の天の川は星雲、星団の宝庫。この写真にわかりやすい星雲がもう一つ。それが右上にあるM20三裂星雲。暗黒帯が星雲を三つに引き裂いたような形をしていることからこの名が付いていますが、この写真でも拡大してみるとなるほど確かにそうなっているのがわかります。わたしは四つにわかれているように見えますが。

 さらに言うと、三裂星雲の上、画面の端付近ににやや星が集まっていますが、これもメシエ天体の一つでM21散開星団。これは小ぶりな天体ですが、名のある星団です。300mmの望遠の視野内にこれだけの天体が入るほど、夏の天の川には天体がひきめしあっています。




M6とM7
IMGP7538.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm f4[F4 20' ISO2000 300mm 0EV]アストロトレーサー使用

こちらも300mmの視野内に入る二つの星団。右がM6で左がM7。




夏の天の川
IMGP7504.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4[F4 259' ISO250 14mm 0EV]アストロトレーサー使用

 最後は夏の天の川。さそり座、いて座の明るい部分ではなく、天頂付近の淡い部分を撮りました。それでもこれだけの星。おびただしい数です。写真の真ん中には夏の大三角形も確認できます。

 この写真はDA12-24mmで撮りましたが、しっかりと追尾していて、前回の記事に上げたような問題はありません。しかし、レンズそのものに起因する問題が。色収差出すぎじゃないかこれ。DA12-24mmが色収差出やすいレンズだということが十分承知していますが、さすがにこれでは...。元画像を拡大してみると、明るい星や周辺部の流れた星に青い色ズレが。こと座のベガなんかがわかりやすいです。もっとピントを追い込むか、少し絞って撮るか、現像時に処理するか...。超広角なのに星空に向いていないのかと思ってしまいます。悩みは尽きません。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
このカテゴリーに該当する記事はありません。