FC2ブログ

Fielder's choice!

~沖縄フィールド散策~  野鳥・昆虫・風景・天体....
4

ノグチゲラ

結構前のものですが、ゲットした大物を。

伊江島観光の翌日に、やんばるに行った際に撮ったものです。
沖縄に住んでいるからには撮っておきたかった鳥ですが、かなりの希少種。何度か探しに遠征に出かけるも、一度しか見たことがなく、距離があったためまともな写真が撮れませんでした。

この日は辺戸岬ドライブのついでにちょっと林道に入り、少し散策しようと思ったくらいなので、特に期待はしていなかったのですが・・・。


ノグチゲラ                                                  
IMGP7111-2.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4[F5.6 1/320 ISO3200 300mm 0EV]                2014年6月8日撮影

少し開けた林床から飛び立つ鳥の姿が。黒っぽく、やや大きかったので、初めはカラスかとおもいました。
しかし、カラスにしては頭のあたりが赤っぽかったような。まさかと思い、よくよくその姿を探すと・・・


ノグチゲラでした。
まさかの出会いに驚きと感動。しかも距離が近い。バッチリ撮ることができました。



ノグチゲラは、沖縄本島北部のやんばるの森にのみ生息する固有種で、国の特別天然記念物に指定されています。
個体数は400羽ほどと推定されており、絶滅危惧IA類にも指定されています。
林道の開発や、マングース、カラス、野良猫の被害も受けて個体数は減少傾向にあるそうです。
ノグチゲラ ~やんばるの森に暮らすキツツキ~ 

またノグチゲラはキツツキ科の鳥で、他のキツツキ科と同じようにドラミングをします。主にその音を頼りに探し回り、結果コゲラだったというのがほとんどでしたが、今回はなんのあてもなく歩いていると唐突に出会いました。
こういうこともあるんですね。



IMGP7110-2.jpg
K-5Ⅱs + DA★300mm F4[F5.6 1/320 ISO3200 300mm 0EV]

頭部が赤くなっているので、オスでしょうか。撮れたのはこの個体のみですが、もう1羽いるのも確認できました。
撮影日は6月初めなので、子育て中のつがいだと思います。オスは地上に降りて餌を探すらしいので、林床から飛び立った赤っぽいのがこのオスだったのでしょう。

この林床ですが、以前の記事で紹介したリュウキュウヤマガメと出会った場所でもあります。レアな生き物運が強い場所なのでしょうか(^^)
程よく開けていて、湿り気もあるので、生き物が集まってきやすいのかもしれません。





ノグチゲラは2,3枚撮ったところで、飛び立ってしまいました。
子育て中にストレスをかけると放棄してしまう可能性があるので、粘らずに帰りました。





マングーストラップ
IMGP7107.jpg

林道の脇にはこんなものも。
ヤンバルクイナなどの天敵として知られるマングースのトラップ。
本来沖縄にいなかった移入種で、それがヤンバルクイナを脅かしているから困りものです。

もともとハブを退治するために持ち込まれたらしいですが、マングースは昼行性なのにハブは夜行性。活動時間が異なる上に、マングースだってわざわざ猛毒のハブを相手にしないでしょう。最近は見かけませんが、ハブvsマングースとかいう、狭い空間に無理矢理彼らを押し込んで、無理矢理戦わせるというくだらないショーがありましたが、そこまで迫られないと襲ったりしないのです。
そのマングースが獲物として狙ったのが、昼行性で飛べない鳥のヤンバルクイナだったわけです。

のだめカンタービレでもネタとして紹介されるくらいの話ですが、ヤンバルクイナにとってはたまったもんじゃありません。





ちょっと話がそれましたが、目標だったノグチゲラを撮ることができたので満足しています。あとはノグチゲラと対をなす、沖縄を代表する固有種のヤンバルクイナです。早朝に探せばノグチゲラより遭遇率ははるかに高いのですが、警戒心が強く、すぐにヤブのなかに逃げ隠れてしまうので、撮るのはなかなか難しいです。
沖縄はようやく梅雨が明けたので、今年のもうひとつの目標として狙っていきたいです。



関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
2

伊江島 湧出(ワジー)

伊江島観光最後のスポットは、『湧出』です。湧き出ると書いて、ワジーと読むそうな。
真水が湧き出ることからそう呼ばれるそうです。かつては貴重な水源地だったらしい。

わじぃー・伊江村


高さ60mの断崖絶壁が連なる、絶景ポイントでした。

DSCF7178.jpg


DSCF7179.jpg


DSCF7172.jpg
高台にあるワジー公園から、この景色を見渡すことができます。
また、海岸まで道路で続いているので、下まで降りていけます。景色としてはここがきれいですが。


関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
8

ひまわり畑    ~FUJIFILM XQ1

伊江島を原付で回っているときに発見。
ひまわりといえば夏の花のイメージですが、沖縄では2月頃にすでに咲いているので、この時期に見るのは遅いほうですね。
青い空によく映えていたので、夏っぽい雰囲気を感じるために撮ってみました。

DSCF7215.jpg
FUJIFILM XQ1

夏のポストカードになりそうな構図で。
梅雨のもやもやを吹き飛ばしてくれるようなエネルギーを感じます。



DSCF7217.jpg
FUJIFILM XQ1

花の中央部をアップで。

十分に寄れて、ボケも自然で、解像度も申し分ない。XQ1は期待以上の写りをしています。



DSCF7218.jpg
FUJIFILM XQ1

トラクターをバックに。
ちょっと暑さにへこたれてるものも。



DSCF7219.jpg
FUJIFILM XQ1

太陽の光を全身に浴びて。

そこはかとなく感じる生命力。
なんとなく前向きになれる気がする(笑)



すぐ真上に燦々と太陽が輝いていますが、ゴーストやフレアなど全く出ていません。
JPEG撮ってだしですが、色の再現性もよく、空は透き通るような発色です。
ピーカンで明暗差が大きなシーンなはずですが、それを感じさせないような、実際見た目に近い写りをします。そのあたりは画像処理がうまいのでしょうか。構図以外なにも考えずにこれだけ撮れるとは驚きです。

フジもかなり気に入りましたねこれ。
まあ今回は素材も良いからなのですが。


伊江島はもう一か所いいポイントがあったので、また後日紹介します。





関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
4

伊江島タッチュー

2週間ほど前にまた伊江島に行ってきたので、そのときの様子を。
沖縄では長ーーい梅雨が続いていますが、その日は梅雨の中休みでウソのように晴れていたので、いい景色が撮れました。
いつか撮りたいと思っていた伊江島タッチューからの景色が撮れたので、ここで紹介。


伊江島再び
DSCF7098.jpg
先日やんばる駅伝でいったばかりですが、全く観光はできなかったのでリベンジ。
本部港から30分と近いので、余裕の日帰り観光です。

真ん中に見えるポコッと飛び出した山が、今回登る伊江島タッチューです。
タッチューとは沖縄の方言で、とがっているものを意味します。


ふもとから
DSCF7103.jpg
原付を借りて、ふもとまで。
ここまででも結構登っています。タッチューは標高自体は170mほどと高くはないので、ここからだとあと100mといったところでしょうか。ただ、かなり切り立った岩石となっているので、頂上からの眺めは素晴らしいです。



関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
0

幻想風景

DSCF7041.jpg
FUJIFILM XQ1

辺戸岬往復駅伝の打ち上げの後の琉大周辺の様子。
街が霧につつまれていました。
少し小高いところにあるので、霧が発生しやすいのだと思いますが、夜に見ることは珍しく、きれいでした。


DSCF7031.jpg
居酒屋から出てきたらこの状態。
霧の中、二次会へと向かいます。

関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
0

第37回 宜野湾~辺戸岬往復駅伝  その4

前回の記事で辺戸岬に到着し、1日目のゴールを迎えましたが、そこからその日宿泊する奥ヤンバルの里までは10kmあまり。このつなぎの2区間のうち、前半の5kmを担当しました。

コースはひたすら登る山道。いくつものカーブが連続しており、カーブが明けてコースが見えるたびにまた登り^^; 厳しいやんばるのコースを味わいました。走る前に、「とーってもいいコースだから」と言われたのはこういうことか。
結局5kmで21分かかりました。しかし最大高低差が170mもあったので、妥当か。



奥ヤンバルの里にて
IMGP3153.jpg
宿についた後でフミタカ君から、「走っている姿を撮る練習がしたい」と言われたので、付き合ってあげました。
自分が走っているまともな写真がこれくらい。半笑いだし^^;



IMGP3154_20140609213623d03.jpg
IMGP3147.jpg
IMGP3156.jpg

カメラマンふみたかは、なかなかいい写真を撮ってくれます。
あの小さいからだでデジイチで一生懸命撮ってる時点で微笑ましいですし。





2日目朝
IMGP4489_20140609213619e0d.jpg
そして2日目。
奥の里から宜野湾を目指します。
とはいっても、今回も前半はエンドレスの小中学生がすでに走っていて、前日に飲みまくったおじさんたちは遅れてスタートです。飲み会の様子は割愛(笑)


関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
0

第37回 宜野湾~辺戸岬往復駅伝  その3

辺戸岬往復駅伝の続き。今回も画像大量です(笑)
太陽が出てきて暑くなるなか、北部の海岸線沿いまで繋いできました。


夏の『ような』海
IMGP2937.jpg
塩屋湾近くの海。
太陽が出てきたので、まるで夏のような海ですが、やっぱり真夏までのコントラストではないな。
でも水温は25℃ほどあるので、もう泳げるな。


IMGP2950.jpg
フクタ先生、くたくたになりながら、しかし最後まで手を抜かずに走りこんできました。
このあたりはさすがです。
ちなみにこの写真はフミタカ君撮影。


IMGP2952.jpg
タスキ渡して倒れこむまでが毎回の流れ。そこまで追い込むのが駅伝だという信念をもって走っています。見習わねば。



関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
0

ブログアクセス数と雑感

辺戸岬駅伝シリーズは小休止で。
今回はブログアクセス数とその他。

ドラゴンフルーツ
DSCF7072.jpg
FUJIFILM XQ1

ブログのアクセス数、ブログを書いていく上で固執するわけではないですが、せっかく書いたものがどれだけの人の目に見られているのかと気になるところでもあります。なかには気合いを入れて書いた記事もあるわけで(ごくまれに)、できれば多くの人に見てもらいたいという気持ちはあります。

といっても、それを叶えるには圧倒的に更新頻度が少なく、内容も薄い当ブログでは、1日2、30アクセスを集めるくらいのものでした。

それが今月に入るとなぜか急にアクセスが増え、1日7、80を数えるほどに。
なぜかと思い、カウンターの水増しなども含めて考えるも、FC2ブログの訪問者も明らかに増えている。


探っていったところ、FC2のブログランキングが上がっていました。
メインジャンルの『写真』では51位、サブジャンルの『動物』では9位に。(2014/06/08)
記憶では、メインで4ケタ、サブでも3ケタ順位だった覚えがあるのですが、ハネ上がってます。

なぜいきなり上がったのかは定かでないですが、アクセス増加はこれのおかげだと判明。


DSCF7074.jpg
FUJIFILM XQ1

しかし、メインの写真はともかく、サブで動物をうたっておきながら、最近は自転車やらランやらで全然動物出していません^^;
申し訳程度にドラゴンフルーツの花の写真を載せますが、植物だしね(笑)


真夏になって、走るのも辛い気温になったら、フィールド巡りに出かけようと思います。ただ、それまではラン優先になりそうです。
そうするのは、肉体の若さはあとで取り返すことはできないから。それこそマラソンなんかは60代になっても走っている人がいるほど生涯続けられるスポーツですが、ピークは20~30代のはず。今やらなければ、後で後悔しかねない。というわけで、全然速くもないですが、走ることにうちこんでみようと思います。とりあえず今期の目標として、まずは5000mを16分台。これが達成できればマラソン2時間50分を切れるはず。この2つを目指していきます。




話は変わって、今回の写真のドラゴンフルーツですが、名前のインパクトが強烈な南国のフルーツです。果実が竜のウロコのように見えるからそう呼ばれるらしいですが、確かにそういう見た目かも。
果実の写真 → 果実ナビ ドラゴンフルーツ

花は夜にしか咲かないということらしいですが、早朝でもまだ開いていたので撮影。花の時点で、デカいし、派手だし、ドラゴンフルーツにふさわしい感じです。

DSCF7073.jpg
FUJIFILM XQ1

こっちが食われそうな勢いです(笑)
肝心の実についてですが、あまり食べた記憶がない・・・^^;
食べたことあったような、なかったような(笑)

お隣の畑なので、もしかしたらわけてもらえるかもしれません。味についてはそのときに。




最後に、フィールド巡りはまだ先だと言いましたが、撮りたかった大物をゲットしました。
近々アップしようと思います。

関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
2

第37回 宜野湾~辺戸岬往復駅伝  その2

前回の続きから。
5.2kmの区間を無事に走り終え、タスキを渡して次の中継所へ。
すでに名護に入っており、本島北部を北上しながら辺戸岬を目指します。

IMGP2793_201406052326265a0.jpg
許田までやってきました。1日目も半分まで来たかなというところ。


IMGP2790_201406052326254dd.jpg
次走者のナカヤマさん。
かなり筋肉質な脚をしています。練習後はかかさずプロテインを飲むそうで。
登りには強いそうですが、納得です。


関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
0

第37回 宜野湾~辺戸岬往復駅伝  その1

先週末の土日の5/31・6/1の2日間にわたり、宜野湾陸友会の毎年恒例のイベント、宜野湾~辺戸岬往復駅伝が開かれました。宜野湾陸友会として走り始めて5年近くになりますが、この駅伝が毎年やんばる駅伝と重なってしまうため、今回が初参加になりました。今年は1週ずれてくれたので(^^)

ということで、今回から数回にわけて、この駅伝の様子を紹介していきます。身内ネタばかりになってしまいますが、あしからず。



37年の歴史
IMGP2652-2.jpg
この駅伝は宜野湾陸友会単独で、チームのメンバーでタスキをつなぎ、宜野湾市から沖縄最北端の辺戸岬までを往復する駅伝です。全行程約250kmにもおよぶ長丁場です。
今回が37回目ということで、37年も続いていることになります。37年前といったら、わたしが生まれる10年も前。単独のチームで開催している駅伝として、これだけの歴史があるのはすごいことだと思います。この横断幕も、1の位は紙に数字を書いて貼り付けているので、10年に1度作り変えてるのかな。


AM7:00
IMGP2658.jpg
スタート地点の宜野湾市役所近くで記念撮影。
ただし、実際のスタートは6:00で、先発隊はもうだいぶ先を走っています。
ここから先発隊を追いかけます。




関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
該当の記事は見つかりませんでした。