FC2ブログ

Fielder's choice!

~沖縄フィールド散策~  野鳥・昆虫・風景・天体....
2

縄文杉トレッキング【ウィルソン株】  ~屋久島part7~

前回の記事の続きから。
トロッコを見届けて、トレッキング再開です。
今回は割と有名なウィルソン株まで。


AM8:29
IMGP8214.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4

微妙な写真から(笑)
トロッコの方向変換場所です。
奥にはテントが・・・。
あれはなんだったかな。

気になる。




IMGP8211.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4

気を取り直して、仁王杉です。だんだんと屋久島の原生林に近づいているので、名のある屋久杉が出てきます。



AM8;44
IMGP8215.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4



AM9:10
IMGP8219.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4

長かったトロッコ道が終わり、ここからは山道。3日目の白川雲水峡のときのような雰囲気になってきました。


IMGP8221.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4

そびえ立つ杉。
足元を注目してほしいですが、地面の上を根が張り巡っています。濡れていると、この根がすべるんですね。歩くときは注意しなければなりません。
ちなみに、屋久島旅行のためにトレッキングシューズを買ったのですが、これが最高でした。ヤクスギランドの記事にも書きましたが、全然滑らない、靴のなかに水が入らない、ハイカットで足首も守られていてひねらない、とストレスフリーで歩くことができました。これが適当にランニングシューズなんかで歩いていたら・・・。大変だったかもしれません。



AM9:11
IMGP8222.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4



AM9:12  翁杉
IMGP8224.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4

翁杉・・・です。
実はここには樹齢2000年を超えるという巨大な屋久杉がそびえたっていたのですが、その翁杉、2010年に倒れてしまったそうです。ネットで探すと健在だったときの堂々とした姿が見られます。見てみたかったなあ。折れた幹を見ると中央が8割方朽ちて空洞化して、自らの重さを支えきれなくなったのだそう。


IMGP8226.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4

後ろには倒れた部分の木が残っていました。
倒れてしまったことは残念ですが、それにより切り株の上にはギャップができ、日の光が燦々と降り注ぎ、新たな芽が次々と伸びていました。これが自然のサイクルなんですね。


翁杉を見届けて、辿り着いたのは・・




関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
0

縄文杉トレッキング【トロッコ道】  ~屋久島part6~

屋久島旅行の4日目、いよいよ大本命の縄文杉を拝みに行きました。
往復で20kmもある長い道のりですが、屋久島に来たからには見ないわけにはいきません。
縄文杉以外にも見どころはたくさんあり、これぞ屋久島というような原生林は一見の価値ありです。

写真の枚数、記事がかなり多く長くなってしまうので、今回は縄文杉の途中のトロッコ道の終わりまで。
年末までに書き終わるか・・・。




AM4:00
10時間以上にわたる長丁場のため、出発時間は早朝。ガイドの方が宿まで迎えに来てくれましたが、朝4時とかだった覚えが・・・。そのほかの一緒に登るメンバーを拾いながらのため早い時間になるのはやむをえませんが。
ちなみに今回は日帰りのツアーなのですが、山で一泊するツアーもあるようで、それだと時間に余裕はありそうです。宮之浦岳に朝日が昇る景色が見られてすばらしいらしいので、日程に余裕があれば検討してもよさそうです。

屋久島ガイドクラブ http://www.yakushima-guide.jp/


AM6:00
DSCF9674.jpg
FUJIFILM XQ1

初日に行った屋久杉自然館からバスに乗り、荒川登山口まで移動しました。
さて、この日は9/29。夏休みをとっての旅行なので平日なのですが、バス乗り場ではすでにかなりの人がいて、列に並んでからバス3台目くらいでようやく乗りこめたかな。世界遺産に登録されてから人気があがっているだけあって、定番の縄文杉コースは今までで一番人が多かったです。

とは言っても、ゴールデンウィークなどのトップシーズンと比べたら全然少ない方らしく、それほど気にもなりませんでした。
9月末は沖縄ではまだ日によっては灼熱で、夏と変わらないのですが、屋久島ではだいぶ涼しくて過ごしやすく快適で、かつそれほど人も多くないので、旅行にはおすすめの時期です。



朝6時、ここからトレッキングスタートです。


線路
DSCF9678.jpg
FUJIFILM XQ1

まだまだ薄暗いですが、まずはこのような線路の上を歩きます。
トロッコ道で、序盤はこれが延々と続きます。


AM6:04
DSCF9683.jpg
FUJIFILM XQ1

歩き始めてすぐにあるトンネル


AM6:10
DSCF9688.jpg
FUJIFILM XQ1

まだ出発直後ですが、結構明るくなってきました。
ですがこのトロッコ道がくせもので、枕木の間隔が一定でないため、歩くのに気を付けなければならず、ときどき隙間が深かったり、濡れていてすべりやすくなったりしているので注意が必要です。あまり登ってるわけではないですが、結構大変でした^^;




IMGP8091.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4

IMGP8092.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4

こんなところも通りますよっと。
手すりありません。何度もこういう橋通るので慣れますが、こう見ると結構こわい



AM6:41 屋久杉
IMGP8103.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4

この日のトレッキング中初めて出会った屋久杉。
樹齢1000年を超えるものを狭義で屋久杉と呼ぶそうですが、なるほど周りの杉たちとは風格が違います。


AM6:51
IMGP8117.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4

とりおりこうして開けた場所も。


AM6:53 小中学校跡地
IMGP8124.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4


IMGP8127.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4

このあたりからトロッコ道にずっとこのような板が敷かれるようになりました。
枕木の間隔を気にしなくて済むようになったので歩くのがだいぶ楽になります。まあ距離はまだまだあって大変なのですが・・・。





関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
0

屋久島でダイビング!ウミガメウォッチ  ~屋久島part5~

かなり久しぶりの更新です。走ることに夢中になっていてブログを放置してしまっていました。今更感もただよっていますが、とりあえず年内には屋久島の記事を完結させようと思うので、前回の続きから・・・。

屋久島旅行の3日目、午前中に白谷雲水峡へ行った後、午後はダイビングをしました。
屋久島は山だけじゃない!ということで、海へとレッツゴー


P9280026.jpg
ガイドさんカメラで撮ってもらいました。巨大な魚眼レンズがついていて、本格的な水中カメラらしくてかっこよかったです。

午前中に引き続き、屋久島ガイドクラブにガイドを依頼しました。仕事ではないファンダイブは久しぶりで、機材の準備、片付けからなにまで至れり尽くせりなのが新鮮で、めっちゃ楽でした(笑)



P9282126.jpg
OLYMPUS TG-1

体験ダイビングの予定だったのですが、2人はライセンスを持っているということで、少々難易度を上げてもらいました(^^)
エントリーの場所まで行くのにちょっとした山道?(ほんとちょっとした)のなかを歩きーの、この写真のバックに写っている崖っぽい岩場から飛び込む!という豪快なエントリー。今までやったこともないやり方で面白かったです。



オリンパスのTG-1を持って行ったので、イントラさんから離れすぎない範囲で自由に泳ぎ、写真を撮ってました。
P9282129.jpg
OLYMPUS TG-1

サンゴや魚の写真をパラパラと・・・
P9282132.jpg
OLYMPUS TG-1

P9282138.jpg
OLYMPUS TG-1

P9282135.jpg
OLYMPUS TG-1

P9282134.jpg
OLYMPUS TG-1

P9282200.jpg
OLYMPUS TG-1



P9282133.jpg
OLYMPUS TG-1

初ダイビングの方はマンツーマン指導。
初めてのことで疲れていたかもしれませんが、とてもラッキーだったと思います。なんたってアレに出会えたのだから。




関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
該当の記事は見つかりませんでした。