FC2ブログ

Fielder's choice!

~沖縄フィールド散策~  野鳥・昆虫・風景・天体....
0

大石林山のガジュマル

展望台から辺戸岬の海を臨み、堪能したところでコースを後にしました。
次は亜熱帯自然林コースですが、その前に撮ったその他の岩などを...。

IMGP2491.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4[F6.3 1/80 ISO800 18mm]

題名『ピカソ』
とのことです。下の顔を向き合わせているようなところがでしょうね。


IMGP2490.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4[F6.3 1/80 ISO2500 14mm]

謎の積み上げられた石。



IMGP2493_20160419200353f10.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4[F6.3 1/80 ISO100 12mm]


IMGP2497.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4[F6.3 1/80 ISO100 16mm]

岩石はこんなところでしょう。
なにかに模した岩がたくさんありましたが、看板を撮らなかったので忘れてしまいました。あと遠かったり...。

それでは次の亜熱帯コース。ガジュマルを見に行きましょう。



ガジュマル (画像クリックで拡大します。)
IMGP2508.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4[F71 1/80 ISO3200 12mm]

光のカーテン。DA12-24mmは色収差が出やすいため、輝度差の大きい部分はかなり色が滲んでしまっています。もっと絞れよって話ですが。でも思いがけずきらびやかな印象になりました。というか、なんか現実的じゃない感じ。

ガジュマルは沖縄では普通に見られますが、熱帯性の植物で、日本では屋久島・種子島以南、主に南西諸島に分布しています。特徴はなんといっても幹から垂れ下がってくる気根。多数垂れ下がってくるのでまるで髭のよう。沖縄では『きじむなー』と呼ばれる精霊が宿るといわれています。



IMGP2511.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4[F7.1 1/60 ISO3200 12mm]



IMGP2512.jpg
K-5Ⅱs + DA12-24mm F4[F7.1 1/60 ISO3200 16mm]

こちらはガジュマルカーテンとのこと。髭がまるでカーテンのように連なっています。

さて、今回大石林山に来たのはあるガジュマルを見るため。本島最大級ともいわれ、パワースポットとなっているところでもあります。それについては次回。



関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://naturephoto323.blog.fc2.com/tb.php/185-432e412d