FC2ブログ

Fielder's choice!

~沖縄フィールド散策~  野鳥・昆虫・風景・天体....
0

シートポスト換装完了!  3T IONIC-25 LTDインプレ


3T IONIC-25 LTD
DSCF0859-2.jpg

新たに交換した3T(スリーティー)のシートポスト、IONIC-25 LTDを紹介します。完成車付属のものからグレードアップしました。憧れのフルカーボンシートポストです。付加価値の高いパーツながらシックで主張しないデザインなのでフレームにも合わせやすくていいですね。ちゃんとロゴが全部出ていてよかった。





カーボンモノコック
DSCF0860-2.jpg

IONIC LTDはポスト素材からヤグラまで一体成型のフルカーボンモノコック。どこにも途切れるところがないので、応力が集中する部分もないのでいいですね。3Tの製品には3つのグレードがあり、LTDは最上位モデル。おそらくLimitedの略かと。一つ下のグレードのTEAMは、ポスト素材はカーボンで、ヤグラ素材がアルミになります。エントリーモデルのPROはポスト、ヤグラともにアルミになります。

3T製品一覧 (3T日本オフィシャルサイト)

カーボンはご存知のように軽量がウリ。TEAMもPROも軽量なアルミ素材ですが、やはりカーボンのほうが軽く、振動吸収性にも優れます。ちなみにカタログ重量では、LTD:185g、TEAM:205g、PRO:235gとなっています。わずかな差にも思えますが、ロードバイクでも上部に位置するパーツなので、ダンシングしたときにその重量差を感じやすい部分ではあります。




大幅な軽量化
DSCF0876-2.jpg


完成車に付いてきたシートポスト
P3281849.jpg

これまでバイクの軽量化はそれほど意識していませんでしたが、ここは初めて強く意識したポイント。なんといっても、完成車付属のポストがまるで鈍器のような重さでしたからね。こんな重りを何年もつけたまま走っていたのかと思うと、損したような気分になりました。こういったパーツは早めに交換するべきですね。
多少誤差はありますが、ショップでの計測によれば354g⇒187gと、ポストだけでなんと167gの軽量化。重量比はほとんど2:1ですね(笑)
3Tポストのほうは、現在のサドル高から計算して余分な部分をカットした上で、径を変更するシムを含めた重量になっています。







DiffLockシステム
DSCF0871.jpg

3Tのシートポスト独自のサドル固定システム。フタを外して開けると中に歯車が入っていて、0.5°ずつ角度調整ができます。そして一度角度を決めてしまえば、分解しない限り角度がずれることがありません。サドルの水平と前後の調整が完全に独立しているので、サドルを前後させるときに角度までずれてしまうということがなく、調整が楽になります。基本としてサドルは水平を出してしまえば、角度はあまりいじるところではありませんからね。こういった工夫は他にはないのでいいですね。







DSCF0864.jpg

後ろから。赤く見えているのが内蔵の歯車。左右から挟み込むようにして固定します。





セットバック
DSCF0875.jpg

IONIC-25の25はセットバック量25mmの意味です。これでサドルの後退幅を確保できます。セットバック0mmのIONIC-0も用意されています。







φ31.6mm⇒φ27.2mm
DSCF0866.jpg

コルナゴ・プリマのシートチューブは31.6mm径ですが、ここに27.2mm径のポストを使うためにシムを挿入しています。31.6mmはシートポストとしては太すぎで、過剛性で振動吸収性などに劣るため、一回り細い27.2mm径がいいそうです。素材もアルミからカーボンになったので、その効果も出てくれると嬉しいですが。また細くなることで、ペダリングの際にポストの”しなり”を使えるんだとか。うーん、正直そこまでは感じ取れていませんが(^^;
ちなみにカーボンということで、固定ボルトはチューブの切れ込みと逆のほうで締めています。こうすることで締め付けの力の集中を避けることができます。同じサイドで締め付けすぎると割れてしまう可能性がありますからね。割ってしまったら泣くに泣けませんし。





感想

実走してみましたが、やはりダンシングしたときに振りやすさが段違いです。軽量化の効果が実感として感じられたのは嬉しいところ。登りにも確実に寄与しているはずなので、それを感じるだけでも頑張れる気がするので効果は大きいかと。とにかくクセになりそうな軽快感があるので、つくづく早く交換しておけばよかったと思います。

突き上げなどに関して、カーボンになって劇的によくなったかと言われれば、そこまで変化は感じませんが、若干粗いアスファルトを走るときなどの細かい振動は少し軽減されている気がします。アルミフレームだし、そこらへんは大きな期待はできないので、積み重ねでしょうね。あと、細くなったので空気抵抗も減っているんじゃないかと思い込んでいます(笑)



DSCF0891-2.jpg

サドルも交換済みなので、サドル周りも完了。ペダルもオッケー。直接体に触れる三つの『ル』のなかで残るはハンドルのみ。ステムと合わせて、3Tに交換する予定です。







関連記事
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://naturephoto323.blog.fc2.com/tb.php/195-10e5d21e