FC2ブログ

Fielder's choice!

~沖縄フィールド散策~  野鳥・昆虫・風景・天体....
0

喜如嘉のツノメガニとミナミスナガニ

大サイズ画像   喜如嘉にて
IMGP6523-2.jpg
PENTAX K-1 + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO

ツノメガニ
その名の通り、眼の先端に角が生えたような突起が特徴のカニ。これは一体なんのために?
夜の砂浜で出会ったらダッシュで逃げていくのはだいたいこのカニかミナミスナガニ。かなりすばしっこくて大変ですが、光を当てると竦んでしまうらしく、動きを止めてしまえば楽に撮ることができます。






IMGP6524-2.jpg
PENTAX K-1 + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO

眼が変な方向むいてるよ。







ミナミスナガニ
IMGP6528-2.jpg
PENTAX K-1 + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO

甲羅、眼の解像感がたまらない。
ツノメガニ含めて、スナガニ科のカニたちはゴーストクラブと呼ばれているらしいです。持ち前のダッシュ力に加え、体が白くなってあっという間に砂浜に同化して見えなくなってしまうからなのだそう。このスナガニは甲羅が褐色がかって見えますが、いつもはもっと白いイメージがあるので、砂浜に合わせて色を変えられるのでしょう。





擬態の名人
IMGP6529_201806122226182da.jpg
PENTAX K-1 + TAMRON 90mm F2.8 Di MACRO

これもスナガニの仲間かな。
砂浜の漂流物に見事に紛れ込んでいます。ダッシュで逃げていくところを追いかけましたが、かなり小さいため見つけるのは難しい。ゴーストクラブの名は伊達じゃないですね。



関連記事

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://naturephoto323.blog.fc2.com/tb.php/287-31aef33a